家を建てるということ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家を建てるということ

愛知県小牧市『ホームランディック』の女性建築士と建てました。2017年2月入居。

読まれないのは分かってるけど続編。長男vsしょくぱんまん【スキー編】

 

需要がないのは分かっておる!!

 

前回も散々だった!!

ブログ村からなんて全然アクセスなかった!

そりゃそーだ、家建ててないもん。

 

でも書いちゃう。書きたいから。

 

 

はい。少し前に初めてのスノーボードを挫折した長男、5歳。

 

あ、それ、良かったら読んでいただいてから今回のを見てくれると幸いなり。

 

んー、オモシロイと思うんだけどなぁ。ブログって難しい。 

 

はい。んで挫折っていうか、興味がなくなったスノーボードをよそに。

懲りずに「オレ、スキーはできるよ!!しょくぱんまんも簡単にやってたもん。」(やったことないのに)と言い張るので、そんなに日は経ってないけど、また連れていきました。 
f:id:oroshinoie:20170118204721j:image

 

 

またブーツと板はレンタルです。

 

今回の雪はスゴかったですねー。

スキー場の雪もぱふぱふでチョーいー感じでしたよ!

 オレが滑りたい!!


f:id:oroshinoie:20170118200415j:image

ダイブするのが好きらしい。

 

今回は平日に来たので、雪は良い!客は少ない!という好条件。

ちなみにかみさんと次男はお留守番。

会社の同僚と行きました。

 

やっぱり子どもがいると、突っ込まれたりでもしたら怖いので、人が少ない方が安心。

 

さぁ、早速前回同様歩いて少し登ります。

相も変わらず彼の自信は揺るがない。

 

もー今回はね、ハナから手を離してやろうと思ってましてね。

スキー履かしてすぐ手を離しましたらねー。

 

長男「パパー!コワイー!きてー!」

ボク「やーだよー。できるって言ってたじゃーん。」

長男「きーーて!!」

ボク「やーだよ。ほら、パパんとこまでおいで!」

 

意味不明のポーズを取り、中々滑ろうとしないが、ボクも譲りません。

f:id:oroshinoie:20170118201832j:image

 

ボク「おいでー!パパ受け止めてあげるからー!!」

 

ようやく動く長男

 

 

おぉお!!ちゃんと滑ってる!!
f:id:oroshinoie:20170118202040j:image

 

 

上手上手!!
f:id:oroshinoie:20170118202229j:image

 

 

あ、足広がってきた💦
f:id:oroshinoie:20170118202311j:image

 

 

あ、こけた。
f:id:oroshinoie:20170118202340j:image

 

 

ボク「すごーい!!上手じゃーん!!、」

長男「でも転んじゃった。」

ボク「いーんだよ、最初はみーんな転ぶの。がんばって転んで、みんな上手になるの。」

長男「パパも?(そうだったの?)」 

ボク「パパもだよ!」

 

 

6本くらい繰り返したかしら?

まっすぐ滑るのはできるけど、曲がる止まるはさっぱり。当たり前ですけどね。

 

長男「雪遊びするー」

ボク「スキー飽きた?」

長男「うーん、またあとでやるー」

ボク「そっか、じゃーあとでやろーか。」

 

 

それから5時間くらいスキー場にはいたんですがね。

 

 

 

彼が再びスキーを履くことはなかった。

 

あのね、彼はね、スキーとかスノーボードがやりたいわけではなくてね、ただただ雪と戯れるのが好きらしいよ。

やっと理解したわ。

 

鬼のように遊んでたわ。 

 

 

まー今回は同僚が子どもを見てくれて、ボクも少し滑れたのでオッケー!

 

 

帰宅後

かみさん「スキーできたぁ?」 

長男「うん、オレ、滑るのは簡単だったけど、曲がるのと止まるのがちょっと難しい!」

 

いや、ちょっとじゃねーし!

スノーボードん時も同じこと言ってたから!それ! 

 

しかしチーズもしょくぱんまんもサスガですわ。

ウチの子の負け!

 

 

ちゃんちゃん。

 

 

まーなんにせよ、経験するのは良いことですね。

いつでもできることじゃないですし。

痛い出費でしたが💦

 

 

はい、いよいよ家も佳境に入ります。

次回からマジメにやります。

すんません。

 

家建てじゃなかったけど押してくだされ💦