家を建てるということ

家を建てるということ

愛知県小牧市『ホームランディック』の女性建築士と建てました。2017年2月入居。

【DIY】シンボルツリー🌲ハイノキを植えてみよう。ほんで北側は一応大きいのは完成かな。

 

シンボルツリーを植えました。

 

当初から決めていたハイノキにしました。

 

っても色々寄り道して、あれもいーかなぁ?これもいーかなぁ?ってスゴイ揺れました。

 

迷いますよね?

だってそのまんまですけど、家のシンボルとなるアイテムですからね。

 

他に候補になったのは

アオダモ、イロハモミジ、ドウダンツツジ、ヤマボウシ、シマトネリコ、黒竹、レモン、オリーブ、サルスベリ。

 

植える場所が隣家と近いため、落葉樹を除外し、成長が早い木も大変そうなので除外し、結局一番始めに『いいな』と思っていたハイノキにしました。

 

ワタクシは現在アホみたいにDo It Yourselfにハマっちょりますからして、当然今回も自分で植えました。

 

ハイノキは楽天で買いました。

ネットで植物を買うのは初めてでしたが、レビューとか、他の方のブログをみて、悪い評判もなさそうだったので。

庭木屋さんも行ったんですが、ハイノキ自体の扱いが少なく、あるにはあったんですが良い状態のハイノキがありませんでした💧

 

葉っぱがかわゆいんですよ🎵
f:id:oroshinoie:20170610233452j:image

 

 

さて植えましょう。

 

 

まんず穴をホルダー。

根鉢の倍くらいが目安だそーです。
f:id:oroshinoie:20170610181153j:image

堀り終わったら、掘った土に肥料を混ぜて、穴の3分の1くらいまで戻します。

 

木を入れて一番良い角度を探しましょう。

コレほんと微妙に難しい。

ここでは決めるだけで、仮置きです。

最終調整は後程できます。
f:id:oroshinoie:20170610182303j:image

 

土を埋め戻して、余った土で水鉢とゆーのを作り、溢れるくらいまで水を入れます。

この時に木を斜めに倒して、隅々まで水が入るようにします。

これは重要ポイントです。

ある程度傾けると信じられないほど水が流れ込んでいきます。

この時点で角度は確定しましょう。
f:id:oroshinoie:20170610182726j:image

 

水が引いたら支柱を立てます。

支柱は見た目的には良くありませんが、根付くまでは強風などで倒れる可能性もあるので必ず立てましょう。
f:id:oroshinoie:20170610235017j:image

 

正面から見て木の影になるように立てると目立ちにくいと思います。

いや基本は知らんけど、ボクはそう思います。

 

出来上がり。
f:id:oroshinoie:20170610183518j:image

 

いやー1本入れただけでいーっすね!

一段と家っぽくなりましたわ。 

 

お隣のキンモクセイのがデカくて悔しいな。

でもハイノキは伸びるのゆっくりなので、気長に成長を見守ろう。

f:id:oroshinoie:20170610225549j:image
あぁ、ボクの愛する超オシャレな高級車、ミラジーノ(35万円)が写ってしまった。

 

 

さて、これで北側外構は大きいのは一旦終了。

こまごましたことはやると思いますが。


f:id:oroshinoie:20170610225825j:image
 

元気に育ってくれるといーな。

 

 

あ、夜のも撮っておきました。

f:id:oroshinoie:20170611013421j:image
ん?
f:id:oroshinoie:20170611013446j:image

ん?

ライトはまだ仮置きですが、位置決めが意外と難しいな💦

 

そしてライトのコードは外部コンセントから取るので土止めを作る時に穴を開けとこうと思ってたのに、忘れて先に土止めを作っちゃったので土止めの下をなんとかホリホリして通した。
f:id:oroshinoie:20170614161831j:image

 

普通外部ライトのコードを埋設する際はPF管(断線保護目的)というものにコードを通すんですが、そのまま埋設しちゃいました。
f:id:oroshinoie:20170614163019j:image

良い子は真似しちゃいけませんよ。

ボクもその内ちゃんとやり直します。 

 

 

ライトはオーデリックのOG254 351というスポットを2灯使ってます。

f:id:oroshinoie:20170614163351j:image

外部照明はよく分からんし、安かろう悪かろうではマズイので、電気屋さんに丸投げしました。

 

 

これ、明る……過ぎじゃ……
f:id:oroshinoie:20170614163518j:image

 

まぁえーわ。 

ほなさいなら。 

【DIY】オレ的にはさりげなくかっこいいのに、見たヒトは誰も気付いてくれない砂利を敷く。

 

やっとこ駐車場のコンクリートを打設してもらいました。

 

結局外構は殆ど自分でやることにしてるんですが、コンクリートだけはダメだわ。

 

できるかできないかだけで問われれば、『できる』と思うが、安全性、耐久性、見た目。

全てにおいて満足行く出来にはならないであろうと判断した。

 

ただし、目地とか、コンクリート以外の部分は自分でやることにしていた。

 

で、目地と犬走は砂利敷きにしたんですが、今日はその砂利を敷いたお話。

 

 

砂利はですねー。

安く買うには近所の建材屋さんや造園屋さんに頼むとトラックに裸で積んできてくれて、しかもメチャクチャ安いです。

 

でも種類はあんまりないんですよねー。

 

今回は割高ですが、京都の建材店から取り寄せしました。

一袋20㎏を50袋で計1トン。

 

目地だけでなく、家の両サイド(犬走)にも敷くつもりだったので、これでも足りないだろうなと思いつつ、余っても困るので取り敢えず1トンにしときました。

ちなみに砂利の値段と送料はほぼ同額でした💧


f:id:oroshinoie:20170613000100j:image

 

 

砂利の種類については、ボクは白玉砂利か黒玉砂利(那智黒石)のどちらかで考えていたんですが、かみさんが『丸っこいのは嫌だ』と仰られたので、

 

では安くてかっこ良くて角ばってて・・・・

 

いや難易度高ぇよ。

 

見つけたのはコチラ 
f:id:oroshinoie:20170608071707j:image

 

いや普通の砕石じゃん!!

って思う??

 

はい、その時点で失敗💦

 

一応ね、黒砕石と言いましてね。

フツーの砕石より黒い。。。

 

黒い。。。??

 

黒い・・・・よね??

 

黒いじゃん!!

 

いーじゃん!!黒いじゃない!!

 

そーゆーことにしてくださいよ。

泣くよ?

 

猫走りにも敷きますが、ここは防草シートを先に敷きます。

防草シートと言えばこれですね。

ザバーンです。
f:id:oroshinoie:20170609172959j:image

あ、コラ写真撮ってんのに入ってくんな!

 

ホントはね、240BBという厚さが0.64mmのやつを30m分ネットで注文したのだが。

発送ミスで0.4mmの50mっつーのが届いた。

 

他の工事の予定でどうしてもこの日までに必要だったんで、購入店に連絡したが呆れるにも程がある対応だったので、結局どうしてもこの日に使いたかったことを優先してコレで我慢した。

 

そもそも砂利を約10センチ敷くので機能としては0.4mmでも事足りと思うのだが、購入店の

『どうしても今日必要なのであれば、届いているのをそのまま使ってください(届いた商品の方が50mあるので価格は高い)。それでチャラにしましょう。』

みたいな言い方をされたのにキレてしまった。

それはコッチからそのように対応してくれと頼むならともかく、ソッチが提案することかい??

 

アンタだったら届いたモノが頼んだモノと違ってたら、ソレ使うんかい??

 

現実的にその日中に正しい商品を届けるのは無理だということは分かってる。

その上でどのような対応が出来るか聞いたのに。

 

内容も気に入らなかったが、担当者の事務的な言い方に対してまた頭に来てしまって、コンコンと説教してしまった。

 

いよいよボクもおっさんですね。

 

はい、それはさておき

敷設箇所はきちんと土止めも作って

f:id:oroshinoie:20170611020024j:plain

 

防草シートを敷いてU字ピンで固定していきます。

f:id:oroshinoie:20170611020115j:plain

 

ザザザザーっと砂利を敷いていきます。

 

f:id:oroshinoie:20170611020315j:plain

うんー、フツーの砕石に見えるね。

写真だと余計に見えるなぁ。

 

でもね、暗さとかによってはね

 

f:id:oroshinoie:20170613001641j:plain

こんなんに見える。黒いでしょ?

 

黒いでしょ?

 

ねぇ黒いでしょ??

 

アプローチは直線で炭モルタルにしてもらいました。

『出来る限り黒くしてくれ』と頼んだら、最初想像以上に真っ黒でビックリした。

 

炭モルタルを頼むヒト自体の割合はかなり少なく、それをできるだけ黒くしろなんてゆーお客さんは更に少ないみたいで、左官屋さんも初めて使うという富士商会という会社のセメント着色剤を使うことになりました。


f:id:oroshinoie:20170611032307j:image

パーフェクチン特黒色ってヤツです。

パッケージを良く見てください。

最高にかっこ良いデザインです。

 

パーフェクチンの色は沢山種類があるのですが、この特黒ってやつはフツーの黒の5倍くらい高いんです。

 

ただ、出来上がった真っ黒は結構粉を噴いていたので、強めに洗浄してもらったら、まぁ見事に薄くなりました。

 

真っ黒時代の写真撮っとけば良かった💦

 

結局出来上がったのはこんな感じ
f:id:oroshinoie:20170611033255j:image

 

まぁ、全然OK。

左官は塗ってみなきゃどんな感じに仕上がるか分かんないってトコがホント好きですね。 

 

んで、目地にも砂利を敷いていきました。 
f:id:oroshinoie:20170613000858j:image

 

 

えー、全体像は次の記事で載せますな。

 

全国で2、3人くらいは楽しみにしておくよーに!

 

【DIY】山砂3トン大移動の巻

 

こにゃちわ

ウチの庭は10坪程度ですが、土のレベル(高さ)が根本的に足りないので、山砂を3トン購入しました。

 

以前にも触れましたが、こんな量の砂や砂利を買う場合はホームセンターで買ってはいけ  ませよー

近くの建材店や造園屋さんに頼みましょう。

トラックで家まで持ってきてくれて、それでも価格はホームセンターの50~40%くらいかく安いです。

 

さて駐車場にザザザザっと届きましたが・・
f:id:oroshinoie:20170605030923j:image

 

これを反対の庭まで持っていく必要があります。 

 

しかしてウチの犬走もとい猫走りは凡そ40センチ。
f:id:oroshinoie:20170605030855j:image

外構屋さんにネコ車(一輪車)は借りてたけど、通れない💦

 

我が家最大の設計ミスである。

 

『もう土嚢袋に詰めるか、バケツでやるしかねぇ』

と悲壮な覚悟をして注文したんですが。。

 

最後のあがきだ!と思い砂を持ってきてくれた造園屋さんに『これどうにか良い方法ないすかね?』と聞いてみた。

 

『んー。ま、バケツかねぇ?』

 

ヤッパリ(´Д` )?

 

『でも、んーウチの会社にある狭型のネコなら通れると思うよ

貸そうか??』

 

んんんマジか!!

んんんんんーマジか!!

お前は誰だ?!

神か!!

神なのか?このやろー!!

 

『おねげーします!オネゲーシマス!!』

 

しかも持ってきてくれた。

 

世の中は優しいヒトだらけである。

私は色んなヒトたちに支えられて生きている。

 

愛だな。

 

 

いやー、この通路幅を通れるネコ車が存在するのは知ってたんですよ。

それもネットで探して6500円というのがあって、まぁ安いもんだなぁとは思ってたんです。

でも、その後の使い道が見いだせないのでキッパリ諦めていたのです。

 

はぁ。

ホント良かったぁ。

 

 

で、借りました。
f:id:oroshinoie:20170605032623j:image
おぉ!通れる!! 

 

よーし!

折角借りたし張り切ってやっちゃう?

やっちゃうよー!!

 

 

オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラおらオラオラおら?オラオラオラオラオラオラおら?オラオラオラオラオラオラ!!

 

f:id:oroshinoie:20170605032550j:image

 

 

子供達も参戦
f:id:oroshinoie:20170605032714j:image

ちょーーーっとずつバケツで運んでくれました。
f:id:oroshinoie:20170605032801j:image
 

正直4,5日覚悟したてんですが、ネコ車のお陰で、半日で終わりました。

取り敢えず軽く敷き崩してこの日は終了。
f:id:oroshinoie:20170605033243j:image

 

良い運動であった。

 

 

皆さん。

 

ラぁヴ&ピースですよ。人生は。

 

 

ところでさぁ。

砂を移動するのは果たしてDIYなのか?って話で世界中持ちきりらしいけど。

 

Do It Yourself = てめぇでやれよ

っつーことなので、自分でやる全てのことはDIYと呼んでもいーんだよ。

 

砂利を敷くだけだって、棚を塗装するだけだって、照明を取り付けるだけだって、草花を植えるだけだって、ぜーんぶDIYと呼んでもいーんですよ。

                

だから皆自信を持って宣言しよう。

 

自分はDIYヤーだと。

 

いや、DIYヤーってそもそもなんだよ。

変な言葉作るよな。ニッポンジンは。

 

 

そんなボクは

 

立派なDIYヤーです。

 

よろしく。

【DIY】立水洗のパン、みんなはいくら払う??ボクは約5,000円で作ってみました。さぁさぁ好きに採点したまへよ

 

ウチは立水洗は水洗だけ一番安いの立ててもらって、排水処理とかも一切なしで引き渡してもらいました。

 

単にお金がなかったんですが。

 

なので、水受け(パン)を作りました。

 

結果からドン。
f:id:oroshinoie:20170601172301j:image

 

砂利が足りてねー!

っていう突っ込みはお断り。

 

あと多少歪んでるし、水平も取れてないけど、そこはホレ、所詮DIYですので・・

 

砂利はとりあえずどんなんが合うかなー?と思って白玉砂利を一袋入れてみただけ

 

この状態で掛かってる費用は4,300円くらいなんで、あと一袋砂利を投入してもタイトル通り5,000円には収まるでしょう☺️

 

今日はこのパンを作る工程をご紹介・・

 

したかったのですが、DIYってのはホント写真撮るのが難しいんです。

っつかメンドクサイのです。

 

イチイチ軍手外してカメラ出すのが、作業しながらやるのがダルい。

 

ブログで記事を書くならその辺ちゃんとやらなきゃですね。

課題です。

 

なので殆ど途中の画像は無いんですが💦

 

これが引き渡し時
f:id:oroshinoie:20170601182735j:image
 

なんでもいいから付けといてー

と頼んだらコレになってました。

 

前澤化成というメーカーのものです。

ホームセンターで見掛けたけど2000円くらいでした。

 

吐水の配管はしてあるけど、排水については何もありませんでした。

 

なのでまずは排水管を設置して、前回記事にした雨水浸透枡に連結しました。

この辺は全く画像ありません。

必死なのです。

 

 

そして水受けは真っ黒いレンガで作りたかったのですが、世の中に真っ黒のレンガというのはそうそうないものです。

 

見つけたのは兵庫の栄和瓦産業という会社の黒燻レンガというもの


f:id:oroshinoie:20170602011815j:image 

f:id:oroshinoie:20170601183957j:image

 

うひょーメチャクチャかっくいー!!

角度によってシルバーに見えたり黒に見えたり。

 

でも高そうだ。

これは金額も確認せずパス。

 

でもかっこいいから、いずれ花壇を作るときに是非聞いてみよう。

 

なんかないかなー??

と、ホームセンターを色々見回っていると、コーナンプロにコンクリートレンガ1つ38円ってのがあった。

 
f:id:oroshinoie:20170605020428j:image
 

 

ん。ん? 

 

これを・・

 

黒く・・

 

塗ればいんじゃね?

 

 

久々に無いものは塗ってしまえ魂が燃え出しました。

 

さて、あとは寸法考えたりとか図に起こしたりとか・・

 

・・は、一切しないで、テキトーに仮置きしたサイズで作りました。

 

まずレンガを置くところに砕石を敷いて、そこにモルタルを敷いてレンガを(一応水平を見ながら)設置していきます。例のごとく画像なし。

 

レンガで枠を作ったら、その中にモルタルを流し込んで行きます。
f:id:oroshinoie:20170601205040j:image
ちなみにモルタルは最初20㎏ずつ練っていました。結構しんどいので色々試しましたが10㎏ずつくらいが楽で、作業効率が一番良いと思います。

女性一人なら7㎏ずつくらいが良いと思います。タブン。

 

モルタル投入後
f:id:oroshinoie:20170601202758j:image

あ、この時点ですでに立水洗本体はシュペンパンザー(アイアン塗料)で塗りたくりました。
f:id:oroshinoie:20170601204956j:image

ニョキニョキ生えてるのは排水パイプです。

後々切ります。

 

切りました。
f:id:oroshinoie:20170601202647j:image

切った排水パイプに目皿を入れました。

 

うーん。

このままでもありなような気もするけど・・

 

コンクリートレンガをシュペンパンザーで塗って、砂利を投入。
f:id:oroshinoie:20170601203448j:image

水を流して、きちんと排水口に勾配が取れてるか確認して、出来上がり!

 

どうよ??
f:id:oroshinoie:20170601203613j:image

f:id:oroshinoie:20170601203809j:image

 

さぁ、誉めて誉めて!

誰か誉めて!

 

お願い誉めて!

 

 

今回掛かった費用(大体)

  • コンクリートレンガ15個 570円
  • インスタントモルタル40㎏ 1100円
  • 排水用塩ビパイプVP50 1m 600円
  • 塩ビパイプ用エルボ 200円
  • 排水口目皿 700円
  • シュペンパンザー(使った分のみ) 大体1000円分
  • 白玉砂利20㎏ 400円(もう一袋必要なので合わせて800円)

 

合計4970円

 

さぁ、費用も含めて誉めて誉めて!

遠慮なくね!!

 

ディスるのは遠慮して!!

 

いじょーでした。

DIYレベルがひとつ上がった気がします⤴️

 

さよーならー👋

ミモザのドライフラワーを玄関に飾ってみたけど、思ったより良かったよ。のお話

 

内容ウスーイ記事ですが

思ったより美しかったので書きますなり。

 

ミモザのドライフラワーを飾りました

ん?吊るしました?
f:id:oroshinoie:20170601103730j:image

 

ミモザは小さな雄しべがポンポンついており、生花としても可愛らしい花ですが、ドライフラワーとしても人気らしいですねー

かみさんのチョイスでした。
f:id:oroshinoie:20170601104339j:image

 

フックは照明(フタガミの星影)に合わせてフタガミにしました。

壁のモールテックスに穴を開けるのに若干勇気と言うか、良いのだろうか?という思いがありましたが、えいっと💦

 

f:id:oroshinoie:20170601104546j:image

 

夜に部屋から落ちる明かりの陰影がとてもキレイでした。
f:id:oroshinoie:20170601105330j:image


モチロン照明を点けてもOK!

あぁ、ホントいいな。星影は。

f:id:oroshinoie:20170601110153j:plain

 

いじょー

ペラッペラでしたぁ。

 

 

んん、ペラペラ過ぎるので、もう少し

 

先日かみさんが、さんじゅう●回目のお誕生日を迎えました。

 

ウチはワンコがいて、寂しがったらかわいそうなので、記念日だからと言って外食することはありません。

 

ところで引っ越しすると、なんでも美味しいお店を探すの大変ですよね。

 

今回は初めて行ったケーキ屋さん

 

ボクは初めて行くケーキ屋さんでは必ずショートケーキを頼みます。

その店のケーキのレベルを計るにはショートケーキが一番だと思いませぬ??

 

でも今回はショートケーキが2つしか残ってなかったので、子供達に譲りました。
f:id:oroshinoie:20170601234230j:image

 

大人たち用

f:id:oroshinoie:20170601234459j:image
f:id:oroshinoie:20170601234558j:image
 

甘過ぎでした。

残念。

 

お気に入りのケーキ屋さん探しも大変だなぁ。

 

 

そしてケーキの写真はかみさんに『また正面から撮ってる』とディスられる💧

 

ミモザの写真は誉めてくれたのになぁ。

 

 

ま、誕生日おめでとう🎁🎂さんでした。

 

 

【DIY】庭の排水効率向上のために暗渠排水にチャレンジ②


庭の排水効率向上のために雨水浸透枡を埋め込もうという話の続き。→その①

 

穴を掘って深さはバッチリだったんですが、周りを砂利で囲むので範囲が狭かったんです。
f:id:oroshinoie:20170528154358j:image
  

広げました。
f:id:oroshinoie:20170528154441j:image

バッチリ!

 

ここにまず透水シートっつーのを敷き込みます。カインズで2980円
f:id:oroshinoie:20170528154514j:image
 

 

んでからー、砂利を入れて転圧します
f:id:oroshinoie:20170531212030j:image


この砂利でも透水させるので、砂利の中に土が混じると水はけが悪くなるので、土の侵入を防ぐために透水シートを入れるんですねー。

 

折角なのでオーバーフロー対策でこれと雨水桝を繋げます

 

はい、また掘って掘って

f:id:oroshinoie:20170601131151j:plain

 

そこにもシートを敷きます

f:id:oroshinoie:20170601131239j:plain

 

砂利も敷いて暗渠パイプをセッティング 
f:id:oroshinoie:20170531213236j:image

これは小さな穴がたくさん開いている管でして、地中水位がパイプのレベル(高さ)を超えたら水が管の中を流れ始めるというものです。

フツーの塩ビパイプでも良かったんですが、浸透枡を入れずにこれを埋めとくだけでも暗渠排水になりますので、その点も期待して。

 

水勾配をとりながらセットするので、それが思いの外大変でした。

 

・・と、言ってもその辺の作業は職場のオトモダチが手伝いに来てくれたので、ほぼボクはやってないんですが。

 

枡との接続はホールソーを使って枡に穴を開けて繋げます 

f:id:oroshinoie:20170601131332j:plain

 

繋がりました
f:id:oroshinoie:20170601101906j:image

 

土を埋め戻しておしまいー 
f:id:oroshinoie:20170601102014j:image

 

いやー、書くのは楽だけど大変な作業でした💦

 

でもやっぱり楽しいし勉強になるのでやって良かったです。

 

後日割りとまとまった雨が降りましたが、浸透枡には全く水の溜まりは確認できませんでした。

 

よしよし☺️

 

暗渠排水に掛かった費用(大体)

  • 雨水浸透枡 2980円
  • 浸透枡用蓋 1780円
  • 暗渠パイプ(4m) 1000円
  • 直角エルボ 150円
  • 透水シート 2980円

 

トータルで8000円くらい

でも延べ作業時間は6時間くらい掛かりました💦

ほとんど穴堀りですな。

 

以上でした!